<腹膜播種に対する一般向け解説書>
<腹膜播種に対する一般向け解説書>
賛助会員にご入会されますと、腹膜播種-最新の診断・治療-第2版を進呈します。
  

 

<専門書>

腹膜播種の治癒をめざす包括的治療 2017
腹膜播種の治癒を目指した基礎的・臨床的エビデンスに基づいた包括的治療を習得する。最新の情報を追加した第3版目である。
出版: NPO 腹膜播種治療支援機構 (2016)
ISBN 9780-4-9906097-3-3

Amazonでご購入ください。

完売しました。

<2年の歳月を経てアトラスが完成>
<2年の歳月を経てアトラスが完成>

腹膜播種に対する腹膜切除アトラス
ISBN 9780-4-9906097-0-2

完売となりました。

 

 

厚生労働科学研究費補助金

難治性疾患克服研究事業

 

<キーワード>

・腹膜偽粘液腫

・腹膜播種

・HIPEC

・腹膜切除

・国際腹膜播種学会

 

NPO法人

腹膜播種治療支援機構


腹膜偽粘液腫の本邦における全国疫学アンケート調査実施

アンケート発送作業

 

平成23年度厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業) 

「腹膜偽粘液腫の発生頻度全国アンケート調査」へのご協力のお願い 

 

盛夏の候、みなさまにおかれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。 

本アンケート調査は、厚生労働省難治性疾患克服研究事業による「腹膜偽粘液腫の本邦における発生頻度・病態の解明・治療法の開発」(研究代表者 特定非営利活動法人 腹膜播種治療支援機構 理事長・センター長 米村 豊)の一環として実施しております。

当機構は以前より腹膜偽粘液腫を含め、腹膜播種を合併した疾患をなんとか根治させるべく研究、治療を重ね、多くの発表も行ってまいりました。

腹膜偽粘液腫は、粘液産生腫瘍細胞が、多量の粘液を産生し、腹腔内を粘液で充満させると同時に、消化管相互の癒着によるイレウス、腹腔内臓器への浸潤、血管の狭窄・閉塞による臓器障害や合併症を引き起こす疾患です。その治療は困難を極め根治するためには、手術(腹膜切除)、温熱療法、化学療法を組み合わせた集学的治療が不可欠であり、集学的治療を実施しても治療成績は改善されていますが、まだまだ十分とは言えません。

この度、腹膜偽粘液腫に特化して、その発生頻度、治療法、治療成績、予後等に関して調査し、その実態を明らかにすることを目的に、この調査を計画致しました。

皆様からお寄せいただいた情報を源に、腹膜偽粘液腫の患者およびその関係の方々へより実情にそった情報提供を実施し、また更なる治療法の改善、予後の改善に役立てたいと考えております。

ご多忙のところ、大変恐縮ですが、本調査の趣旨をご理解いただき、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

 

この調査は、特に悪性腫瘍を対象とする外科及び婦人科を標榜されている施設に対し調査を行っております。また本研究は、岸和田徳洲会病院並びに草津総合病院の倫理委員会にて承認を得ております。

 

                                             

                                平成238月吉日